コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家の光 いえのひかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家の光
いえのひかり

1925年創刊された農村向け月刊誌。発行は社団法人家の光協会。日本の月刊誌中最大の発行部数 115万 7451 (1977) を記録したこともある。現在の発行部数は平均約 100万部。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

家の光

一般社団法人家の光協会が発行する生活実用情報誌。農家の主婦層を中心とした生活情報を紹介。1925年創刊。毎月1日発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いえのひかり【家の光】

社団法人家の光協会から発行されている農村向けの月刊家庭雑誌。1925年5月に産業組合中央会(農業協同組合の前身)から創刊。その目的は,産業組合運動の普及と組合員の大衆教育にあった。産業組合に関する啓蒙的記事を3割,生活改善のための実用記事や娯楽記事を7割といった編集内容で,組合の拡充運動とともに部数を伸ばし,第2次大戦前の最盛時には150万部に達した。44年家の光協会の発行に移り,戦後は農協組織の新発足によって婦人家庭雑誌の装いを強め,60年12月号で172万部という記録をつくった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いえのひかり【家の光】

農村向け月刊雑誌。産業組合中央会(農業協同組合の前身)が農村生活の向上を目指して1925年(大正14)に創刊。44年(昭和19)からは社団法人家の光協会から発行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家の光
いえのひかり

1925年(大正14)4月、産業組合法公布25年を記念して産業組合中央会によって創刊された農村家庭向けの雑誌。当時組合員の構成は70~80%が農業従事者であり、その組合員と家庭に産業組合運動の教育を施し、農村生活の向上を目ざすのが主旨であった。当初は産業組合、1947年(昭和22)以降は農業協同組合の組織を通じて配布され、1931年(昭和6)には10万部を突破、1933年に100万部普及運動を行い、1944年には印刷部数150万を超えた。同年5月社団法人家の光協会が設立され発行元となった。第二次世界大戦後、協会は役員を一新して再出発し、生活改善運動、農村読書運動を展開し、1947年には農村知識層の「伴侶(はんりょ)」たるべく総合雑誌『地上』を創刊した。数次にわたる『家の光』『地上』普及三か年計画運動を実施した結果、1964年には『家の光』の印刷部数は180万を突破。同年『こどもの光』(現在の『ちゃぐりん』)を創刊した。『日本農業年鑑』など書籍の出版も活発である。[京谷秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

家の光の関連キーワードオーエン(Robert Owen)農業インテグレーション林家 三平(初代)石中先生行状記漁業協同組合岡村 文四郎吉沢 廉三郎池内 淳子狩野甚之丞灰谷健次郎馬市果てて農産物流通米生産調整井上ひさし宮部 一郎農業近代化ちゃぐりん藤野 繁雄嶋田 洋一農家経済

家の光の関連情報