コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家の子郎等/家の子郎党(読み)イエノコロウドウ

デジタル大辞泉の解説

いえのこ‐ろうどう〔いへのこラウドウ|いへのこラウダウ〕【家の子郎等/家の子郎党】

《「いえのころうとう」とも》
平安末期・鎌倉時代の武家社会で、惣領のもとに武士団を構成した人々。家の子と郎党。
家臣総称
ある有力者配下としてつき従う人々。子分。「―を引き連れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いえのころうどう【家の子郎等】

〔現代は「いえのころうとう」とも〕
家の子と郎等。武家社会における一族および家臣の総称。
政治家などの有力者につき従う人々。子分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android