コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家子郎党 いえのころうとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家子郎党
いえのころうとう

武家社会における主人に対する一族ならびに家臣総称。本来,家子は一族の庶流で,嫡流である惣領と主従関係にあるものをいい,これに対して郎党郎等とも書き,郎従ともいい,所領をもたない従者をいった。室町時代以降は従者のうち,一族以外のものの総称となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家子郎党
いえのころうとう

平安中期以後、戦国時代に至るまで、ごく一般に用いられていた武士団構成員の名称の一種。とくに平安中期~鎌倉時代の武士団は、惣領家(そうりょうけ)に率いられた庶家(しょけ)(血縁者)と、惣領家・庶家それぞれに従属している非血縁者という二つの要素からなっていたが、前者の庶家の長を「家子」とよび、後者を「郎党」(郎等)、ときに「郎従」とよぶのが慣例であった。このため「家子」は、惣領家の従者でなく、惣領とともに所領の共同知行(ちぎょう)に携わる者というのがその本来の姿であったが、室町時代以降、所領の嫡子単独相続制が始まると、「家子」も惣領の扶持(ふち)を受ける従者の一種と化し、「郎党」との区別がしだいにあいまいになっていった。[鈴木国弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

家子郎党の関連キーワード惣領制城下町若党大名軍役