コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家従 カジュウ

デジタル大辞泉の解説

か‐じゅう【家従】

もと、親王家・王家の家令の次席。また、華族の家の家扶(かふ)の次席。
家臣。
「藤堂が―等も」〈折たく柴の記・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かじゅう【家従】

家臣。家来。 「和泉守が-して送り来れり/折たく柴の記」
旧制度で、皇族付き職員の一。家令の次位で庶務をつかさどった判任官。
もと華族の家で、家扶の次にあって、庶務をつかさどった者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家従の関連キーワード真崎 勇助粟津 水棹家産制国家藤原兼通旧制度判任官次席家来家令家扶次位庶務家臣

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android