家畜保健衛生所(読み)カチクホケンエイセイジョ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家畜保健衛生所
かちくほけんえいせいじょ

地方における家畜衛生の向上と畜産の振興に寄与するための機関。1950年(昭和25)制定の家畜保健衛生所法(昭和25年法律12号)により、都道府県知事が農林水産大臣の承認のもとに設置する。1999年(平成11)時には全国に187か所あったが、2009年には全国に172か所となっている。家畜衛生に関する思想の普及向上、伝染病の予防、繁殖障害の防除、人工授精、家畜衛生上の試験と検査、寄生虫病と地方的特殊疾病の調査などの事務遂行を目的としており、近年では公衆衛生にかかわる業務も増加傾向にある。[本好茂一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家畜保健衛生所の関連情報