家質会所(読み)かじちかいしょ

世界大百科事典 第2版の解説

かじちかいしょ【家質会所】

江戸時代,幕府認可をうけて家屋敷を質物(家質)とする貸借証文の保証をおこなった所。会所が自己資金による貸付業務をおこなった場合もある。京都では1743年(寛保3)以前に家質改会所および口入(仲介者)20人ほどが奉行所の認可をうけた。貸借証文に会所奥印のない金銀訴訟は奉行所が受け付けないとし,会所は役料として元銀高1貫目(1000匁)につき1ヵ月銀2匁5分を貸方から徴収するというものであった。大坂では1767年(明和4)閏9月に家質会所3ヵ所が認可された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android