コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂室堅光 じゃくしつ けんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂室堅光 じゃくしつ-けんこう

1753-1830 江戸時代後期の僧。
宝暦3年5月18日生まれ。曹洞(そうとう)宗。長門(ながと)(山口県)笑山寺の海外亮天(かいがい-りょうてん)の法をつぐ。武蔵(むさし)豪徳寺(東京都),近江(おうみ)(滋賀県)清凉寺の住持をへて,近江天寧寺の開山(かいさん)となる。文政13年7月10日死去。78歳。豊前(ぶぜん)宇佐郡(大分県)出身。俗姓は宮本。法名は別に空海。著作に「十善戒法語」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寂室堅光の関連キーワード大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎銚子醤油日本の民家民衆を導く自由の女神中川忠英石川雅望赤膚焼石川雅望