密田林蔵(読み)みつだ・りんぞう

朝日日本歴史人物事典の解説

密田林蔵

没年:明治14.8.11(1881)
生年:天保8.9.24(1837.10.23)
明治期の実業家。越中富山町生まれ。藩政時代薩摩に行商した富山売薬商人の家柄。商機に明るく家業に専念しながら売薬によって蓄積した資本をもとにして,同業の中田清平らとはかり,明治9(1876)年製薬の近代化のために株式会社広貫堂を設立し,富山売薬業の中心を築いた。また11年富山第百二十三国立銀行の設立発起人となりその副頭取となる。今日の北陸銀行の前身である。これにより県内の各地に売薬業者が,その資本によって製薬会社や地方銀行を設立する新しい途を進めた。<参考文献>密田章『密田家譜』,植村元覚『富山県薬業史通史』

(植村元覚)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android