コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北陸銀行 ほくりくぎんこう

2件 の用語解説(北陸銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北陸銀行
ほくりくぎんこう

地方銀行。 1943年十二銀行,高岡銀行,中越銀行,富山銀行の4行が合併して設立。同年金沢貯蓄銀行,富山合同貯蓄銀行,44年北陸信託を合併。第2次世界大戦後は大都市に営業店を設置し店舗拡大を進めた結果,都市銀行的な性格と地場産業を地盤とした特色をもつにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

北陸銀行

正式社名「株式会社北陸銀行」。通称「ほくぎん」。英文社名「THE HOKURIKU BANK, LTD.」。銀行業。昭和18年(1943)設立。本店は富山市堤町通り。ほくほくフィナンシャルグループ子会社の地方銀行。富山県の指定金融機関。富山・石川・福井の北陸3県と北海道が地盤。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北陸銀行の関連キーワード南都銀行北越銀行北國銀行北洋銀行北日本銀行札幌銀行ほくほくフィナンシャルグループ北陸ガス但馬銀行北都銀行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北陸銀行の関連情報