コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松節 フジマツブシ

デジタル大辞泉の解説

ふじまつ‐ぶし【富士松節】

新内節の一派。延享(1744~1748)のころ、宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじょう)の弟子宮古路加賀太夫が富士松薩摩を名のって創始。一時絶えたが、天保(1830~1844)末期、鶴賀派の鶴賀加賀八太夫が富士松魯中(ろちゅう)を名のって再興、富士松浄瑠璃と称した。現在十数派に分かれている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじまつぶし【富士松節】

浄瑠璃の流派の一。豊後節弾圧後、延享(1744~1748)の頃、宮古路豊後掾みやこじぶんごのじよう門下の加賀八が富士松薩摩と改名して開流。この芸系は鶴賀節を経て今日の新内節につながる。 → 鶴賀節新内節

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

富士松節の関連キーワード富士松薩摩掾(1世)富士松魯中(初代)鶴賀節