コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松節 フジマツブシ

2件 の用語解説(富士松節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじまつ‐ぶし【富士松節】

新内節の一派。延享(1744~1748)のころ、宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじょう)の弟子宮古路加賀太夫が富士松薩摩を名のって創始。一時絶えたが、天保(1830~1844)末期、鶴賀派の鶴賀加賀八太夫が富士松魯中(ろちゅう)を名のって再興、富士松浄瑠璃と称した。現在十数派に分かれている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじまつぶし【富士松節】

浄瑠璃の流派の一。豊後節弾圧後、延享(1744~1748)の頃、宮古路豊後掾みやこじぶんごのじよう門下の加賀八が富士松薩摩と改名して開流。この芸系は鶴賀節を経て今日の新内節につながる。 → 鶴賀節新内節

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

富士松節の関連キーワード延享冒頓単于溝口華央冒頓単于猥褻罪鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱浮絵公然わいせつ罪

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone