中絶(読み)ちゅうぜつ

精選版 日本国語大辞典「中絶」の解説

ちゅう‐ぜつ【中絶】

〘名〙
① 中途で絶えること。中程でなくなってしまうこと。
※兵範記‐保元三年(1158)正月二二日「被行内宴、長元以後中絶云々」
※評判記・色道大鏡(1678)六「断髪の事、遊女宮木よりはじまりけん。されども中絶しぬるにや、六条の時代には、さまで女郎の髪切事をきかず」 〔戦国策‐趙策・孝成王〕
② 中途でやめてしまうこと。また、中断すること。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「渡唐舟依中絶、薬種高直之間」 〔書経‐高宗肜日〕
③ 人との関係や交際が中途で切れること。不仲になること。
※咄本・醒睡笑(1628)二「久しくまじはりて中絶す」
妊娠中絶をいう。
巴里に死す(1942)〈芹沢光治良〉三「妊娠を中絶した方がよからうといふ意見なんだよ」

なか‐だえ【中絶】

〘名〙 (「なかたえ」とも) 交際が絶えること。また、物事が中途で絶えること。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年秋「年ごろ里居したる人々のなかたえを思ひおこしつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中絶」の解説

ちゅう‐ぜつ【中絶】

[名](スル)
進行中の物事がとぎれること。また、中途でやめること。「交渉が中絶する」「作業を中絶する」
人工妊娠中絶のこと。
[類語]中止打ち切るやめる切り上げるよす断つとりやめる休止停止中断ストップ沙汰止みお流れ立ち消え途絶断絶控える手を引く放り出す見合わせる見送る思いとどまる踏みとどまる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android