中絶(読み)チュウゼツ

  • なかだえ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 中途で絶えること。中程でなくなってしまうこと。
※兵範記‐保元三年(1158)正月二二日「被行内宴、長元以後中絶云々」
※評判記・色道大鏡(1678)六「断髪の事、遊女宮木よりはじまりけん。されども中絶しぬるにや、六条の時代には、さまで女郎の髪切事をきかず」 〔戦国策‐趙策・孝成王〕
② 中途でやめてしまうこと。また、中断すること。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「渡唐舟依中絶、薬種高直之間」 〔書経‐高宗肜日〕
③ 人との関係や交際が中途で切れること。不仲になること。
※咄本・醒睡笑(1628)二「久しくまじはりて中絶す」
④ 妊娠中絶をいう。
※巴里に死す(1942)〈芹沢光治良〉三「妊娠を中絶した方がよからうといふ意見なんだよ」
〘名〙 (「なかたえ」とも) 交際が絶えること。また、物事が中途で絶えること。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年秋「年ごろ里居したる人々のなかたえを思ひおこしつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中絶の関連情報