コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士銀行[株] ふじぎんこう

2件 の用語解説(富士銀行[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

富士銀行[株]【ふじぎんこう】

1880年安田銀行として創業。安田財閥の中枢的機関として地方中小銀行の合併・集中を進め,さらに1943年日本昼夜,1944年昭和の各銀行を合併。第2次大戦後の財閥解体を経て,1948年富士銀行と改称,以来新たな企業集団芙蓉グループを形成してきた。
→関連項目浅野財閥京都銀行[株]四国銀行[株]日銀特融肥後銀行[株]富士総合研究所[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじぎんこう【富士銀行[株]】

日本有数の都市銀行。1864年(元治1)安田善次郎が江戸日本橋に開業した両替商安田屋が前身。66年安田商店と改称。80年合本(私盟会社)安田銀行として創業。改組を経て,1912年(株)安田銀行になった。その後,商業銀行主義に徹したことから,三井,三菱,住友,第一と並ぶ五大銀行に成長した。21年安田善次郎が暗殺された後,23年に日本銀行大阪支店長結城豊太郎を副頭取に迎えて系列銀行の大合同を実現し,日本最大の銀行が誕生し,安田財閥の中核となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

富士銀行[株]の関連キーワード紙幣整理ブラウンオランダ文学岩崎弥太郎エルメレンスドワルスフォーチュン市川左団次二世勧業博覧会大学野球

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone