富士銀行[株](読み)ふじぎんこう

百科事典マイペディアの解説

富士銀行[株]【ふじぎんこう】

1880年安田銀行として創業。安田財閥の中枢的機関として地方中小銀行の合併・集中を進め,さらに1943年日本昼夜,1944年昭和の各銀行を合併。第2次大戦後の財閥解体を経て,1948年富士銀行と改称,以来新たな企業集団芙蓉グループを形成してきた。首都圏依存型の営業展開。公金扱いに強く,東京都をはじめ10自治体の指定金融機関になっていた。金融危機が心配された1999年3月政府による公的資金1兆円を導入。1999年に入って安田信託銀行(現みずほ信託銀行)を子会社とし,店舗等の統合など合理化を推進。2000年9月には日本興業銀行第一勧業銀行とで金融持株会社,みずほホールディングスを設立し,2002年4月,富士銀行,第一勧業銀行,日本興業銀行の3行は分割・再編されて,みずほ銀行とみずほコーポレート銀行の2行となった。
→関連項目浅野財閥京都銀行[株]四国銀行[株]日銀特融肥後銀行[株]富士総合研究所[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじぎんこう【富士銀行[株]】

日本有数の都市銀行。1864年(元治1)安田善次郎が江戸日本橋に開業した両替商安田屋が前身。66年安田商店と改称。80年合本(私盟会社)安田銀行として創業。改組を経て,1912年(株)安田銀行になった。その後,商業銀行主義に徹したことから,三井,三菱,住友,第一と並ぶ五大銀行に成長した。21年安田善次郎が暗殺された後,23年に日本銀行大阪支店長結城豊太郎を副頭取に迎えて系列銀行の大合同を実現し,日本最大の銀行が誕生し,安田財閥の中核となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android