浅野財閥(読み)あさのざいばつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅野財閥
あさのざいばつ

浅野総一郎が築いた産業中心の財閥。 1883年渋沢栄一の尽力で官営深川工作分局のセメント工場の払下げを受けてセメント事業を開始,その後安田善次郎の後援を受けて安田銀行の資金をバックに鉱山,電力,埋立事業,海運,築港,造船,製鉄などの事業に進出,磐城炭礦,浅野回漕店,東洋汽船,鶴見埋築,浅野造船,浅野製鉄,小倉製鋼などを設立,これら事業を統轄するため 1918年浅野同族会社 (39年浅野本社と改称) を設立。満州事変後の軍需で鉄鋼部門を中心に発展し,傘下には浅野セメント,日本鋼管を中心に浅野物産,日之出汽船,東京湾埋立など直系,傍系 80社を擁した。第2次世界大戦後財閥は解体されたが,これら傘下企業は現在芙蓉グループに属するものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

浅野財閥【あさのざいばつ】

浅野総一郎が浅野セメント(現日本セメント)と日本鋼管を基礎に形成。1918年設立の浅野同族会社を中核とし,安田・渋沢両財閥と金融的に緊密な関係を保ち,鉱業・電気・土地などの関係会社を擁した(1931年で70社を支配)。特に規模の大きかったものに日本鋼管,小倉製鋼,日本セメント,関東電気工業がある。なお浅野財閥は戦後解体されたが,安田銀行の後身の富士銀行(芙蓉グループ)系企業として残っている。→安田財閥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさのざいばつ【浅野財閥】

浅野総一郎が一代で作った財閥。1884年深川セメント製造所の払下げを受けて以来,セメント製造業を中核に発展し,第1次世界大戦中に造船・製鉄業を主力に加えた。重工業窯業の二つの支柱に立つ産業財閥といえる。1918年持株会社として浅野同族会社(資本金3500万円)を設立し,株式所有を通じて多方面に広がった傘下企業を統括した。37年浅野同族会社は70社,払込資本金計2億0400万円の企業を支配したが,39年債務超過のため解散・清算し,支配している企業を整理したので,21社に減少した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅野財閥
あさのざいばつ

浅野総一郎が一代で築いた財閥。浅野セメント(後の日本セメント、現太平洋セメント)を中核企業とした。1884年(明治17)官営深川セメント工場の払下げに成功した浅野は、これを国内随一のセメント・メーカーに発展させる一方、同家の事業網を炭鉱、海運、港湾土木、造船、製鉄、電力、貿易などへと多角的に拡充し、関係会社75、傘下総資本金約5億円(1929ころ)の財閥へ発展させた。浅野セメント以外のおもな直系会社には、磐城炭礦(いわきたんこう)、東洋汽船、東京湾埋立、浅野造船所、浅野物産、関東水力電気などがあった。1914年(大正3)持株会社として浅野合資会社を設立、1918年これを改組・改称して浅野同族株式会社とし、多角的企業群を統轄する体制を整備した。もっとも、浅野の事業は、金融面ではとくに安田財閥の総帥安田善次郎に負うところが大きかった。総一郎の死後、同財閥は長男泰治郎(たいじろう)ら一族が継承し、窯業、金属工業を両翼に発展したが、第二次世界大戦後GHQ(連合国最高司令部)の指令で解体された。[小早川洋一]
『高橋亀吉著『日本財閥の解剖』(1930・中央公論社) ▽持株会社整理委員会編『日本財閥とその解体』2巻・別巻1(1973~1974・原書房) ▽斎藤憲著『稼ぐに追いつく貧乏なし――浅野総一郎と浅野財閥』(1998・東洋経済新報社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅野財閥の関連情報