第一勧業銀行[株](読み)だいいちかんぎょうぎんこう

百科事典マイペディアの解説

第一勧業銀行[株]【だいいちかんぎょうぎんこう】

1971年第一銀行日本勧業銀行が合併し設立した。銀行の大型合併の先鞭として脚光を浴び,1996年に東京三菱銀行が誕生するまで,日本最大の銀行の地位を維持し続けた。日本勧業銀行から引き継いだ宝くじの受託業務を行い,〈ハートの銀行〉をキャッチ・フレーズに身近な銀行として好感を得ていたが,1997年総会屋への利益供与事件で元頭取等が逮捕され,一部業務停止処分を受けイメージを著しく損なった。金融危機が心配された1999年3月政府による公的資金9000億円を導入。2000年9月には日本興業銀行富士銀行と共同金融持株会社,みずほホールディングスを設立し,2002年4月,第一勧業銀行,富士銀行,日本興業銀行の3行は分割・再編されて,みずほ銀行とみずほコーポレート銀行の2行となった。
→関連項目勧角証券[株]渋沢栄一中央信託銀行[株]長崎屋[株]古河財閥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいいちかんぎょうぎんこう【第一勧業銀行[株]】

1971年,第一銀行と日本勧業銀行(略称,勧銀)との対等合併により発足した銀行。略称,第一勧銀,一勧。 第一銀行は〈国立銀行条例〉に基づき設立された日本最初の銀行で,1873年(明治6)第一国立銀行として発足した。96年,国立銀行としての営業満期到来に伴い,(株)第一銀行と改称し,私立銀行として営業を継続,以降多数の銀行を合併し業務分野を広げた。1943年には国家の要請により,三井銀行と対等合併し,帝国銀行を新たに設立,最大の普通銀行となったが,48年再び分離し旧名に戻った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の第一勧業銀行[株]の言及

【宝くじ(宝籤)】より


【制度】
 宝くじは地方自治体(47都道府県と10指定都市)が自治省の許可を受け発売するが,それ以外の団体や個人が行うことは禁止されている。発売,当せん金支払等の事務は第一勧業銀行が受託して行っている。通常の宝くじの費用の内訳は,当せん金46.2%,自治体の収益金39.8%,手数料7.3%,印刷,宣伝等の経費3.8%,日本宝くじ協会を通じての助成活動2.9%である。…

【日本勧業銀行[株]】より

…勧銀と略称。1971年10月第一銀行と合併して第一勧業銀行(株)となった。銀行分業主義の理念に立つ松方正義は1881年(明治14)に日本銀行設立を建議した際,日本銀行を頂点とする商業金融機関とは別に,大衆の零細貯蓄を扱う貯蓄銀行,農工業のための勧業銀行の必要を説いた。…

※「第一勧業銀行[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android