コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山高岡工業地域 とやまたかおかこうぎょうちいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富山高岡工業地域
とやまたかおかこうぎょうちいき

富山県北部,富山平野北部の富山市高岡市射水市を含む工業地域。大正期から飛騨高地飛騨山脈に発する諸河川の電源開発が進み,水稲単作地帯である富山平野の豊富な労働力を背景に電解,電炉による化学,製鉄などの工場が立地。第1次世界大戦前後に伏木港周辺,第2次世界大戦前後に富山港のある岩瀬が工業地区となり,戦後は急速に拡大した。 1964年新産業都市に指定。金属,化学,紙パルプ,機械,繊維の5業種を主としたが,石油化学工業も進出した。神通川河口左岸には石油化学コンビナート放生津潟跡の富山新港周辺にはアルミニウム,木材のコンビナートが立地している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

富山高岡工業地域の関連キーワード北陸地方富山湾新湊小杉

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android