コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山平野 とやまへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富山平野
とやまへいや

越中平野ともいう。富山県中央部,富山湾岸の平野。東は飛騨山脈,南は飛騨高地,西は宝達丘陵両白山地に囲まれる。中央部を南北に延びる呉羽丘陵によって呉東呉西に2分される。呉東には,東から黒部川,片貝川,早月川,常願寺川神通川の形成した洪積台地扇状地がある。呉西は庄川小矢部川の形成した扇状地性の砺波平野,三角州の射水 (いみず) 平野と十二町潟の埋積された氷見平野の3平野に細分される。広く水田化が進み,北陸の早場米地帯としても有名。黒部川扇状地と砺波平野は散村の景観とチューリップの球根栽培で知られる。新産業都市に指定されている北部の富山高岡工業地域では多数の工場が立地している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とやま‐へいや【富山平野】

富山県、富山湾に面する平野。黒部(くろべ)川・神通川など多くの河川による扇状地。米作が発達し、近年工業化も進む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

富山平野【とやまへいや】

富山県中央部〜北部の沖積平野。呉羽山丘陵によって2分され,東を呉東平野,西を呉西平野という。前者は黒部川常願寺川神通(じんづう)川などの諸河川の新旧扇状地,後者は庄川,小矢部川などの扇状地(砺波(となみ)平野)とその末端の三角州などからなる。
→関連項目大島[町]上市[町]高岡[市]立山[町]富山[県]富山[市]婦中[町]八尾[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とやまへいや【富山平野】

広義には富山県の全平野を指し,越中平野とも呼ばれた。東は標高3000m級の飛驒山脈,南は高原性の飛驒高地,西は石川県との県境をなす両白山地,宝達(ほうだつ)丘陵に囲まれ,北は富山湾に面する。平野は,ほぼ中央部の南北にのびる標高100m内外の呉羽(くれは)丘陵によって二分され,東部を呉東平野,西部を呉西平野と呼んできた。狭義には呉東平野を富山平野と呼んでいるが,さらにここから黒部川扇状地(平野)を除いた範囲を富山平野と呼ぶこともある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕富山平野(とやまへいや)


富山県中部に広がる平野。広義には県内の全平野部をさし、呉羽(くれは)丘陵で呉東(ごとう)平野・呉西(ごせい)平野に二分される。狭義の富山平野は呉東平野の一部で、富山湾に面する。三方を飛騨(ひだ)山脈・飛騨高地・宝達(ほうだつ)丘陵に囲まれる。呉東平野は黒部(くろべ)川・常願寺(じょうがんじ)川・神通(じんずう)川などの扇状地からなり、呉西平野は庄(しょう)川の扇状地がつくる砺波(となみ)平野と低平な射水(いみず)平野・氷見(ひみ)平野からなる。灌漑(かんがい)用水路が細かく巡り、稲作のほか野菜・花卉(かき)栽培が盛ん。富山・射水・高岡(たかおか)各市は臨海工業地帯を形成。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富山平野
とやまへいや

広義には富山県の平野の全部をさす。東は北アルプスの立山(たてやま)連峰、南は飛騨(ひだ)の北部山地、西は礪波(となみ)の丘陵性山地に囲まれ、北は富山湾に面する地域で、中央部の呉羽(くれは)丘陵によって呉東(ごとう)平野と呉西(ごせい)平野に二分される。呉東平野は、神通(じんづう)川、常願寺(じょうがんじ)川、上市(かみいち)川、早月(はやつき)川、片貝(かたかい)川などの新旧扇状地の複合平野と独立的な黒部川扇状地からなり、呉西平野は、低平なデルタ性の射水(いみず)平野と庄(しょう)川扇状地が大部分を占める礪波平野、二上(ふたかみ)山で分離しているが低平な氷見(ひみ)平野からなる。
 狭義の富山平野は呉東平野の一部で、富山湾に臨む沖積平野である。神通川と常願寺川により形成された扇状地で、立山に源流をもつ常願寺川は急流で、上流部にカルデラの大崩壊地があり、大量の土砂を流出し平野部に水害をもたらした。平野の中心は富山市である。[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富山平野の言及

【富山[県]】より

…西部は医王山から俱利伽羅(くりから)峠を経て能登半島基部にある宝達(ほうだつ)丘陵に至る丘陵性山地が石川県との県境をなしている。南部は高原性の飛驒高地の北縁部で,ほぼ中央部から呉羽(くれは)丘陵(標高約100m)が突出して富山平野を二分している。県中央部に広がる富山平野(広義)には県人口の大部分が集中し,まとまった生活圏を形成している。…

※「富山平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富山平野の関連キーワード牛岳パノラマオートキャンプ場 きらら富山県中新川郡舟橋村宮川(岐阜県 川)大山(富山県)いたせんぱら大沢野[町]富山[市]立山[町]高岡[市]大島[町]不動堂遺跡舟橋(村)滑川[市]小杉[町]大門[町]舟橋[村]婦中[町]八尾[町]上市[町]直坂遺跡

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富山平野の関連情報