富次精斎(読み)とみつぐ せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富次精斎 とみつぐ-せいさい

1856-1944 明治-昭和時代前期の宮大工。
安政3年11月12日生まれ。郷里島根県で大工修業ののち,京都で建築・彫刻をまなぶ。宮大工棟梁として鳥取県の大山(だいせん)大神山神社,瑞仙寺などを建立。また煙草(たばこ)刻み機械や稲扱(いねこき)機械の考案,彫刻「広田亀治翁像」の制作など多面的に活動した。昭和19年1月25日死去。89歳。本名は伝蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android