コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富次精斎 とみつぐ せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富次精斎 とみつぐ-せいさい

1856-1944 明治-昭和時代前期の宮大工。
安政3年11月12日生まれ。郷里島根県で大工修業ののち,京都で建築・彫刻をまなぶ。宮大工棟梁として鳥取県の大山(だいせん)大神山神社,瑞仙寺などを建立。また煙草(たばこ)刻み機械や稲扱(いねこき)機械の考案,彫刻「広田亀治翁像」の制作など多面的に活動した。昭和19年1月25日死去。89歳。本名は伝蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富次精斎の関連キーワード川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)カミュスタージェスもの派レジスタンス文学プルーベ中国白書鶴沢道八(1世)ギリシア民族解放戦線・人民解放軍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android