コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富里市 とみさと

2件 の用語解説(富里市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富里〔市〕
とみさと

千葉県中北部,下総台地上の市。 1985年町制,2002年市制。近世は佐倉七牧のうちの高野牧 (こうやのまき) ,内野牧があった放牧地で,明治初期には十倉開拓村が誕生した。近年まで畑作が主で,ラッカセイスイカの産地として有名。乳牛も飼育。新東京国際空港 (→成田国際空港 ) の開設,東関東自動車道の開通によって住宅地などの開発が盛んである。面積 53.88km2。人口 4万9636(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

富里市の関連キーワード朝鮮映画皮革工業指紋押捺制度世界女性会議グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩有村明松本典子セラミック・ターボチャジャー鉱山災害

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富里市の関連情報