コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富里 トミサト

4件 の用語解説(富里の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とみさと【富里】

千葉県中北部の市。下総台地上にあり、江戸時代には佐倉七牧のうち、内野牧と高野牧が広がっていた。現在も競走馬の牧場がある。成田国際空港のある成田市に隣接し、また、東関東自動車道も通じることから開発が進む。人口5.1万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の富里の言及

【玉城[村]】より

…東部では琉球石灰岩の台地が海へ向かって緩傾斜し,西部では起伏に富む丘陵が発達,海上に奥武(おう)島がある。中心集落は富里(ふさと)で,国道133号線が那覇市へ通じる。産業はサトウキビ作のほか,近年は野菜,花卉栽培,乳用牛の畜産が盛んになってきた。…

※「富里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富里の関連情報