コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東関東自動車道 ひがしかんとうじどうしゃどう

3件 の用語解説(東関東自動車道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東関東自動車道
ひがしかんとうじどうしゃどう

東京都を起点に,千葉県館山市と茨城県水戸市を結ぶ高速道路。予定路線延長 235km。館山線は千葉市の宮野木から木更津市を経て館山を結ぶ。水戸線は千葉県市川市から成田市,茨城県潮来市を経て水戸市にいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひがしかんとう‐じどうしゃどう〔ひがしクワントウジドウシヤダウ〕【東関東自動車道】

東京と千葉・茨城を結ぶ高速道路。千葉・木更津の各市を経て館山市に至る館山線と、習志野市で分岐して佐倉・佐原の各市を経て茨城県潮来市に至る水戸線とがある。一般には水戸線の市川―潮来間をさす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東関東自動車道
ひがしかんとうじどうしゃどう

東京都と千葉県・茨城県南部とを結ぶ高速道路。管理は東日本高速道路。(1)東京都を起点とし、千葉市、千葉県成田(なりた)市を経て、水戸市を終点とする水戸線と、(2)千葉市で水戸線から分岐し、千葉県木更津(きさらづ)市を経て、同館山(たてやま)市を終点とする館山線(館山自動車道)とがある。総延長238キロメートルで、千葉県市川市―成田市間は6車線、その他は4車線(一部は暫定的に2車線)である。
 2007年(平成19)7月に館山線が全線開通した。2011年12月時点で、市川市―茨城県潮来(いたこ)市間75キロメートルおよび北関東自動車道と接続する茨城町ジャンクションから茨城空港北インターチェンジ間約9キロメートルが開通している。埼玉県三郷(みさと)市―千葉県市川市間(東京外環自動車道の一部となる予定)、茨城県鉾田(ほこた)市―茨城町間は建設中である。市川市―千葉市間は臨海部の埋立地内に建設され、市川市で首都高速道路の湾岸線と接続している。また成田市からは成田国際空港線(新空港自動車道。延長4キロメートル、1978開通)が分岐し、市川市―成田市間は成田国際空港と東京を結ぶ大動脈として利用されている。水戸線はさらに鹿島(かしま)臨海工業地区とつながり、館山線も千葉県南部の臨海工業地区に連絡するなど、沿線の開発計画の進展に大きな役割を果たすものである。[下保 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東関東自動車道の関連キーワード千葉県館山市稲千葉県館山市薗千葉県館山市館山千葉県館山市那古千葉県館山市沼千葉県館山市畑千葉県館山市坂田千葉県館山市藤原千葉県館山市宮城千葉県館山市布沼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東関東自動車道の関連情報