コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛喜の大飢饉 かんぎのだいききん

1件 の用語解説(寛喜の大飢饉の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

寛喜の大飢饉【かんぎのだいききん】

1231年(寛喜3年)の大飢饉。前年の長雨と大風雨などの天候異常で凶作となり,特に北陸道・四国での損亡が大きかったという。《明月記(めいげつき)》によれば京都では街路に餓死者が充満,死臭は家の中まで臭ったという。
→関連項目飢饉株河駅長禄・寛正の飢饉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

寛喜の大飢饉の関連キーワード享保の飢饉天保の飢饉天明の飢饉寛喜小笠原長和大納言局(2)南部利雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone