コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛喜の大飢饉 かんぎのだいききん

百科事典マイペディアの解説

寛喜の大飢饉【かんぎのだいききん】

1231年(寛喜3年)の大飢饉。前年の長雨と大風雨などの天候異常で凶作となり,特に北陸道・四国での損亡が大きかったという。《明月記(めいげつき)》によれば京都では街路に餓死者が充満,死臭は家の中まで臭ったという。
→関連項目飢饉株河駅長禄・寛正の飢饉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

寛喜の大飢饉の関連キーワード寛喜新制長禄

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android