コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛喜の大飢饉 かんぎのだいききん

1件 の用語解説(寛喜の大飢饉の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

寛喜の大飢饉【かんぎのだいききん】

1231年(寛喜3年)の大飢饉。前年の長雨と大風雨などの天候異常で凶作となり,特に北陸道・四国での損亡が大きかったという。《明月記(めいげつき)》によれば京都では街路に餓死者が充満,死臭は家の中まで臭ったという。
→関連項目飢饉株河駅長禄・寛正の飢饉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

寛喜の大飢饉の関連キーワード民主代表選安達泰盛郭守敬周期表正法眼蔵ホラズム朝寛喜新制サレルノ大学正法眼蔵安達泰盛

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone