損亡(読み)ソンボウ

デジタル大辞泉の解説

そん‐ぼう〔‐バウ〕【損亡】

[名](スル)そんもう(損亡)

そん‐もう〔‐マウ|‐モウ〕【損亡/損毛】

[名](スル)損失を受けること。利益を失うこと。そんぼう。「事業不振で―をきたす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そんもう【損亡】

中世,荘園や公領の田畠が天災・戦乱などの被害で不作となること。この時代は農業技術の未熟から作柄が不安定な耕地が多く,少々の自然災害で損亡が発生した。損亡となると百姓たちは損免として年貢減免を要求し,その結果,領主側が検見(けみ)を行い減免を実施するのが慣例となっていた。また損亡を認めさせるため百姓が一揆・逃散を敢行することも多かった。しかし鎌倉時代後期になると,農民の政治的成長と荘園支配の動揺によって,不作でもないのに損亡が主張されることもおこってくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android