寛容の原理(読み)かんようのげんり(英語表記)principle of tolerance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寛容の原理
かんようのげんり
principle of tolerance

規約性の原理 principle of conventionalityとも呼ばれ,いかなる表現形式であろうとも,その哲学的解釈はさておき,それらの形式を使用する十分な論理的規則が与えられていさえすれば,それらを容認するという,R.カルナップの論理的,哲学的根本的立場を表明するもの。これは規則の選択によって複数の論理学が存在しうることに伴うそれらの評価の問題,論理実証主義における命題の検証可能性 verifiabilityや命題自体の存在性に関する難点を解消することをねらっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android