コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛平后宮歌合 かんぴょうのきさいのみやのうたあわせ

1件 の用語解説(寛平后宮歌合の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんぴょうのきさいのみやのうたあわせ【寛平后宮歌合】

893年(寛平5)の秋以前に,宇多天皇が母の皇太夫人(ぶにん)班子女王の宮で催した歌合。春,夏,秋,冬,恋の5題各20番200首に及ぶ大規模な歌合であるが,実は《是貞親王家歌合(これさだのみこのいえのうたあわせ)》とともに宇多天皇が企図した勅撰和歌集の試行としての《新撰万葉集》の撰歌の手段であって,この歌合の左歌が《新撰万葉集》の上巻を,右歌が下巻を形成している。出詠歌人には,紀友則藤原興風(おきかぜ)の13首,紀貫之の7首などが目立っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寛平后宮歌合の関連キーワード宇多源氏寛平御遺誡藤原温子敦実親王寛平寛平御時后宮歌合寛平法皇橘房子橘義子源貞子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone