コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀友則 きのとものり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀友則
きのとものり

平安時代前期の歌人。三十六歌仙の一人。有友 (ありとも) の子。紀貫之の従兄。土佐掾,少内記を経て,正六位上大内記にいたる。『寛平内裏菊合 (だいりきくあわせ) 』 (891以前) ,『寛平御時后宮歌合』 (889?) ,『是貞親王家歌合』 (893) に参加し,延喜5 (905) 年『古今和歌集』の撰者として撰集にあたったが,完成をまたずに没した。家集『友則集』。勅撰集入撰歌は『古今集』以下約 64首。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

紀友則【きのとものり】

平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。生没年不詳。紀貫之従兄弟に当たる。貫之らとともに《古今和歌集》撰進の命を受けたが,途中で没した。当時の代表的歌人として《寛平御時后宮歌合》などの諸歌合に出詠している。
→関連項目凡河内躬恒

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀友則 きの-とものり

?-? 平安時代前期-中期の歌人。
紀貫之(つらゆき)の従兄弟(いとこ)。三十六歌仙のひとり。延喜(えんぎ)4年(904)大内記。寛平(かんぴょう)のころから宮廷の歌合わせに出詠し,醍醐(だいご)天皇の命をうけ「古今和歌集」の撰者のひとりとなったが,延喜5年の完成をみずに死去した。「古今和歌集」には46首はいっている。家集に「友則集」。
【格言など】久かたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ(「小倉百人一首」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀友則

生年:生没年不詳
平安時代の歌人,三十六歌仙ひとり。有朋(有友)の子,貫之の従兄弟。土佐掾,少内記,大内記を歴任。宇多天皇の寛平年間(889~98)に是貞親王家歌合や寛平御時后宮歌合などに出詠して歌壇的地位を確立。次いで延喜5(905)年醍醐天皇の命を受け,貫之らと共に『古今集』の編纂に携わったが,編纂途上で惜しくも没した。家集に『友則集』がある。作品はあまり多くはないが,「久方のひかりのどけき春の日にしづ心なく花のちるらむ」の詠が示すように,典雅で流麗な歌風を特色とする。<参考文献>山口博『王朝歌壇の研究/宇多・醍醐・朱雀朝篇』

(田中登)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きのとものり【紀友則】

平安前期の歌人。生没年不詳。三十六歌仙の一人。貫之の従兄弟。897年(寛平9)に土佐掾(とさのじよう)に任ぜられたころには40歳を過ぎていたらしい。父の有朋(ありとも)が惟喬(これたか)親王の周辺で和歌を詠んでいたので,友則もその感化を受けて早くから作歌をしたと思われる。893年ころの宇多天皇周辺の歌合に出詠し,その後,醍醐天皇の命を受け《古今和歌集》の撰者の一人となったが,編集を最後まで果たさず,907年(延喜7)ころに死去した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きのとものり【紀友則】

平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。土佐掾・大内記。古今和歌集の撰者の一人。撰後間もなく没した。家集に「友則集」がある。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀友則
きのとものり
(851/857―905)

平安前期の歌人。『古今和歌集』撰者(せんじゃ)。三十六歌仙の一人。有友の子。897年(寛平9)土佐掾(とさのじょう)、翌年少内記、904年(延喜4)大内記。『古今集』撰集途次に没した。集中第3位の46首入集(にっしゅう)。早く892年の「是貞親王家歌合(これさだのみこのいえのうたあわせ)」、「寛平御時后宮歌合(かんぴょうのおおんとききさいのみやのうたあわせ)」にかなりの歌を残し、『新撰万葉集』を通じて、『古今集』直前の時期の、もっとも有力な歌人であった。機知的なうちにもしみじみとした叙情を示す穏和典雅な歌風で、古今風を直接に導いた歌人として評価される。『古今集』筆頭撰者貫之(つらゆき)は、友則の従弟(いとこ)にあたる。
 ひさかたの光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ[菊地靖彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紀友則の言及

【古今和歌集】より

…完成奏覧は913年(延喜13)から914年の間である。撰者は紀友則,紀貫之,凡河内躬恒(おおしこうちのみつね),壬生忠岑(みぶのただみね)の4人で,友則は途中で没し編纂の主導権は貫之がとった。撰者の主張は序文に示され,〈やまと歌は人の心を種としてよろづの言の葉とぞなれりける〉と仮名序の冒頭にいうように,創作主体としての人間の心を基本に据えるものである。…

※「紀友則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紀友則の関連情報