コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺尾常史 てらお つねふみ

1件 の用語解説(寺尾常史の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺尾常史 てらお-つねふみ

1963- 昭和後期-平成時代の力士。
昭和38年2月2日生まれ。鶴ケ嶺昭男の3男。鶴嶺山宝一(かくれいざん-ほういち)(元十両),逆鉾伸重(さかほこ-のぶしげ)の弟。安田学園高を中退し,井筒部屋に入門。昭和54年7月初土俵。59年7月新十両,60年3月新入幕。新三役は平成元年3月,兄逆鉾とともに史上初の兄弟同時関脇となった。得意手は突っ張り,押し。14年引退し,年寄錣山矩幸(しころやま-つねゆき)となる。通算幕内成績は93場所,626勝753敗。殊勲賞3回,敢闘賞3回,技能賞1回,金星7。16年井筒部屋より独立し,錣山部屋をひらく。鹿児島県出身(出生は東京都)。本名は福薗好文。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

寺尾常史の関連キーワード千代の富士貢旭富士正也大乃国康北勝海信芳室井光広小錦八十吉(2代)辻隆河野道代琴富士孝也あんま

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone