コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺尾常史 てらお つねふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺尾常史 てらお-つねふみ

1963- 昭和後期-平成時代の力士。
昭和38年2月2日生まれ。鶴ケ嶺昭男の3男。鶴嶺山宝一(かくれいざん-ほういち)(元十両),逆鉾伸重(さかほこ-のぶしげ)の弟。安田学園高を中退し,井筒部屋に入門。昭和54年7月初土俵。59年7月新十両,60年3月新入幕。新三役は平成元年3月,兄逆鉾とともに史上初の兄弟同時関脇となった。得意手は突っ張り,押し。14年引退し,年寄錣山矩幸(しころやま-つねゆき)となる。通算幕内成績は93場所,626勝753敗。殊勲賞3回,敢闘賞3回,技能賞1回,金星7。16年井筒部屋より独立し,錣山部屋をひらく。鹿児島県出身(出生は東京都)。本名は福薗好文。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺尾常史の関連キーワード大相撲

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android