コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿慶 じゅけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿慶 じゅけい

?-1553ごろ 戦国時代の連歌師。
伊勢(いせ)(三重県)の人。宗祇(そうぎ)の門人。書にすぐれ,明応5年(1496)の何人(なにひと)百韻をはじめ,十花千句,東山千句などの会に出席し,執筆(しゅひつ)もつとめた。天文(てんぶん)22年ごろ80歳前後で死去。没後,句集「揚波(あげは)集」があまれた。別号に乗音軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寿慶の関連キーワード直派若柳流若柳 寿慶戦国時代里村昌休連歌師若柳流谷宗養

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寿慶の関連情報