尊慮(読み)そんりょ

精選版 日本国語大辞典「尊慮」の解説

そん‐りょ【尊慮】

〘名〙 他人を敬って、その考え・思慮をいう語。おかんがえ。尊意。貴慮。〔文明本節用集(室町中)〕
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判筆記「豈に敢て慮を煩すことを須ひんや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尊慮」の解説

そん‐りょ【尊慮】

他人を敬って、その考えをいう語。お考え。尊意。
「願くは此の后(のち)は、少しく―を、止(とど)められんことを」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android