コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思し召し オボシメシ

デジタル大辞泉の解説

おぼし‐めし【思し召し】

相手を敬って、その考えや気持ちをいう語。お考え。ご意向。「神の思し召しにかなう」「せっかくの思し召しですが」
金額を相手の考えに任せること。お志。「ご喜捨は思し召しで結構です」
異性にひかれる気持ち。いくぶんふざけた感じでいう。恋情。「彼女は僕に思し召しがあるようだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぼしめし【思し召し】

考え・気持ちを敬っていう語。お考え。お気持ち。 「神様の-」
金額を払う人の考えに任せること。 「見料は-で結構です」
(俗な言い方で)異性にひかれる気持ち。恋心。恋情。 「其女が君に-があると悟つたのは/行人 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思し召しの関連キーワード執り申す・取り申す侮らはし自分極め緩かしい心忠実し心付け内・中憚らし嫌はし遥か上﨟虎落行人見料

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思し召しの関連情報