思し召し(読み)オボシメシ

デジタル大辞泉の解説

おぼし‐めし【思し召し】

相手を敬って、その考えや気持ちをいう語。お考え。ご意向。「神の思し召しにかなう」「せっかくの思し召しですが」
金額を相手の考えに任せること。お志。「ご喜捨は思し召しで結構です」
異性にひかれる気持ち。いくぶんふざけた感じでいう。恋情。「彼女は僕に思し召しがあるようだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぼしめし【思し召し】

考え・気持ちを敬っていう語。お考え。お気持ち。 「神様の-」
金額を払う人の考えに任せること。 「見料は-で結構です」
(俗な言い方で)異性にひかれる気持ち。恋心。恋情。 「其女が君に-があると悟つたのは/行人 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思し召しの関連情報