コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊朝法親王 そんちょうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊朝法親王 そんちょうほうしんのう

1552-1597 戦国-織豊時代,邦輔(くにすけ)親王の第6王子。
天文(てんぶん)21年8月20日生まれ。青蓮院(しょうれんいん)にはいる。永禄(えいろく)元年正親町(おおぎまち)天皇の養子となり,5年出家する。6年親王。天台座主(ざす)などをつとめた。書にすぐれ尊朝流といわれ,「手習十三ケ条記」「墨池掌譜」などをあらわした。慶長2年2月13日死去。46歳。法号は竜池院。著作に「からさきの松の記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

尊朝法親王 (そんちょうほっしんのう)

生年月日:1552年8月20日
安土桃山時代の天台宗の僧
1597年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

尊朝法親王の関連キーワード尊朝法親王(そんちょうほうしんのう)野々口立圃松花堂昭乗烏丸光宣生年月日五井禅休天台宗

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android