コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小保内定身 こほない ていしん

1件 の用語解説(小保内定身の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小保内定身 こほない-ていしん

1834-1883 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)5年2月生まれ。家は代々陸奥(むつ)二戸(にのへ)郡(岩手県)呑香(どんこ)稲荷神社の神職。安政3年(1856)江戸にでて久坂玄瑞(くさか-げんずい),安積(あさか)五郎(那珂梧楼(なか-ごろう))らと交流。6年帰郷し,盛岡藩の藩論を勤王にみちびこうとするが失敗した。明治16年死去。50歳。通称は宮司。号は狂懶。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小保内定身の関連キーワードアメリカ美術アルマン条約電気事業葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑ジフテリアネルダ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone