小倉処平(読み)おぐら しょへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉処平 おぐら-しょへい

1846-1877 幕末-明治時代の武士,官僚。
弘化(こうか)3年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩士。江戸にでて安井息軒(そっけん)にまなぶ。明治3年大学小舎長となり,4年ロンドンに留学。西南戦争では薩摩(さつま)軍にくわわって奇兵隊監軍として奮戦,負傷し,明治10年8月17日自刃(じじん)した。32歳。本姓長倉。名は良儔(ながとも)。著作に「英国地方常例」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android