コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉処平 おぐら しょへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉処平 おぐら-しょへい

1846-1877 幕末-明治時代の武士,官僚。
弘化(こうか)3年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩士。江戸にでて安井息軒(そっけん)にまなぶ。明治3年大学小舎長となり,4年ロンドンに留学。西南戦争では薩摩(さつま)軍にくわわって奇兵隊監軍として奮戦,負傷し,明治10年8月17日自刃(じじん)した。32歳。本姓長倉。名は良儔(ながとも)。著作に「英国地方常例」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小倉処平の関連キーワード平田東助明治時代長倉訒弘化