コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小区 ショウク

デジタル大辞泉の解説

しょう‐く〔セウ‐〕【小区】

明治初期の地方行政区画の一。大区をさらにいくつかに区分したもの。長として戸長を置いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうく【小区】

明治初期の地方行政区画の最小単位。戸長をおいた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小区の言及

【区】より

…これらは大都市圏行政の多様化に対応するものであるが,大都市圏行政の総合性を阻害するとの批判もある。
[日本の区]
 日本近代の地方制度に〈区〉なる行政区画が本格的に登場したのは,1872年(明治5)の〈大区・小区〉の制定による。これは全国的な政治支配を目的として明治政府が設けた最末端行政区画である。…

【大区・小区】より

…1871年(明治4)4月に出された戸籍法が,戸籍事務遂行のため新しく区を設定し,戸籍吏として戸長・副戸長をおくことを命じたのが初めである。ついで翌年,戸長・副戸長と旧町村役人(名主・庄屋など)との間におこる権限の競合に対処するため,旧町村役人の廃止と区制による統一を命ずる布告が出され,大区・小区制は形をととのえた。大区・小区の規模や行政吏の名称は府知事・県令の裁量にゆだねられ,各府県で異なったが,数ヵ町村をあわせて小区をつくり,数ヵ小区をあわせて大区とし,大区に区長,小区に戸長をおくのが一般的であった。…

※「小区」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小区の関連キーワード島崎藤村(年譜)郡区町村編制法地方公共団体区長(明治)大区・小区制和歌山(県)市町村合併島崎 藤村有島 武郎天春 文衛大区・小区多面体図法コミチウム大区・小区市町村制地方民会地方制度地方財政台形公式定積分

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小区の関連情報