コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小国英雄 おぐに ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小国英雄 おぐに-ひでお

1904-1996 昭和時代の脚本家。
明治37年7月9日生まれ。武者小路実篤の「新しき村」の思想に共鳴し参加する。大正12年日活にはいり「あなたと呼べば」「青い背広で」などをかく。のち東宝をへてフリー。戦後は「生きる」「七人の侍」など,黒沢明作品の大半を共同執筆した。平成8年2月5日死去。91歳。青森県出身。東京学院卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小国英雄の関連キーワード三十三間堂 通し矢物語悪い奴ほどよく眠る煙突の見える場所四つの恋の物語生きものの記録どですかでん或る夜の殿様グッドバイ天国と地獄青い山脈昭和時代椿三十郎蜘蛛巣城どん底脚本家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小国英雄の関連情報