コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小夜の寝覚 さよのねざめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小夜の寝覚
さよのねざめ

一条兼良による教訓書。文明 11 (1479) 年頃成立。8代将軍足利義政夫人富子 (→日野富子 ) のために書かれたもので,『源氏物語』や和歌,政治および女性について説いている。特に北条政子執政をたたえて,道理を重んじる兼良の思想が知られる。『群書類従所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

小夜の寝覚の関連キーワードウエルター級スーパーウエルター級京都(市)議員立法党首討論クエスチョン・タイムビジット・ジャパンプロボクシングの階級タイ・プレミアムリーグ7つの習慣

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android