コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野富子 ひのとみこ

8件 の用語解説(日野富子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日野富子
ひのとみこ

[生]永享12(1440).京都
[没]明応5(1496).5.20. 京都
室町幕府8代将軍足利義政の室。日野重政の娘。 16歳で義政に嫁し,初め男子がなかったため,義政の弟浄土寺義尋 (義視) を還俗させて後嗣とした。しかし寛正6 (1465) 年義尚が生れたので,義尚を将軍の後継者とするため山名宗全と結び,義視を推す執事細川勝元と争い,ついには応仁の乱を引起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひの‐とみこ【日野富子】

[1440~1496]室町幕府8代将軍足利義政の妻。実子義尚(よしひさ)の将軍就任を企て義政の弟義視(よしみ)と対立し、応仁の乱の端緒をつくった。京都諸口の関所の設置、そのほか幕政に深く関与した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日野富子【ひのとみこ】

室町幕府8代将軍足利義政夫人。幕政に関与し,また賄賂や米商売などによって莫大な富をもっていた。初め義政は弟義視(よしみ)を後継に定めたが,のち富子が産んだ義尚(よしひさ)を将軍にしようとしたことが応仁・文明の乱の原因となった。
→関連項目足利義稙足利義尚日野家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野富子 ひの-とみこ

1440-1496 室町時代,足利義政の妻。
永享12年生まれ。日野政光(重政)の娘。日野勝光の妹。子の足利義尚(よしひさ)を将軍の跡継ぎにしようとして山名持豊(宗全)とむすび,義政の弟義視(よしみ)をおす細川勝元とあらそい,応仁の乱をひきおこす。義尚が9代将軍となると,幕政に関与。高利貸し,関所新設による関銭の徴収などで蓄財をはかった。明応5年5月20日死去。57歳。法号は妙善院。
【格言など】世を祈る心を神のうけぬともこの言の葉にさらにこそ知れ(「亜槐(あかい)集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日野富子

没年:明応5.5.20(1496.6.30)
生年:永享12(1440)
室町幕府将軍足利義政の妻。義尚の母。公家日野政光の娘。16歳のとき義政に嫁し,4年後に最初の子を生んだが,その子はすぐに死亡している。義政とはそろって糺河原の勧進猿楽を見物するなど仲睦まじかったが,義尚を生んだことで,すでに義政の養子として元服も終えていた義政の弟義視との間は微妙なものとなり,やがて反目対立を生じる。これは応仁の乱の一因ともなった。富子が義尚の後ろ盾として政治への介入を強めるのは兄日野勝光死後のことである。将軍義政は当時政道に倦み,応仁の乱後「公武」は疲弊,退廃していた。義尚への富子の補佐は義政の承認するところでもあった。 文明12(1480)年,幕府は京の七口に関を設置し,内裏修理のため関銭を徴収しようとして土民と対立するが,『大乗院寺社雑事記』の記すところによれば,この七口の関は修理とは名ばかりで御台富子の私物に供するためであったという。この時期,政道の中心にあった富子に富が集中するのは自然の成り行きであった。しかし富子の非凡なところは,その富を集積するだけでなくこれを貸し付け,またこの富をもって米商売をしようとしていたといわれるように,持てる富をさらに活用しようとした点である。このような経済感覚の鋭さはひとり富子のみならず,日野家の勝光や永俊,永繕首座,それに同家家司たちにも共通してみられるものであった。日野家自体が,室町期の経済発展に対応した家風を形成していたと考えられる。義尚が成人に達し,義政も再び執政をはじめると,富子は経済活動に重点を移していく。また天皇家や公家,寺社の窮乏を自らの財で支え,特に天皇家に対しては財政的援助を惜しまなかった。つまり,将軍家の中にあって天皇家(朝廷)との外交的役割を果たしていたといえる。 義尚,義政の死後,剃髪して尼となった。義尚に代わって入京した足利義視・義材父子との間は険悪であり,義材と対立していた管領細川政元と計って,堀越公方足利政知の子義遐(義澄)を猶子とし将軍位に立てた。このように将軍の決定に富子が関与したのは,将軍家の後家尼として当然のことであったと思われる。明応5(1496)年に57歳で没したあとには,「七珍万宝」といわれる多くの遺産が残されたという。その晩年は必ずしも幸福であったとはいえず,ときの将軍足利義高は葬礼にも臨まなかった。しかし,将軍家の正妻として義政にも承認された状態で政治を握り,経済活動をなし,外交的役割を果たした才覚および積極性は評価されてよい。<参考文献>『蜷川親元日記』,吉村貞司日野富子』,田端泰子『日本中世の女性』

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひのとみこ【日野富子】

1440‐96(永享12‐明応5)
室町中期の女性。8代将軍足利義政の室。政光(重政)の娘。1455年(康正1)義政に嫁ぎ,59年男子を得るが死産であった。ところが,義政の愛妾とも乳母ともいわれる今参局(いままいりのつぼね)が富子を呪詛したことが露顕したため,富子は義政を動かしてこれを殺害した。その後も男子なく,64年(寛正5)義政は弟浄土寺門主義尋(義視)を養子にしたが,翌年富子は懐妊,男子を出産した。これが義尚である。《応仁記》は富子が義尚の後見を山名持豊に依頼し,一方,細川勝元が義視の後見であったため両者の対立が激化したと説くが確証はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひのとみこ【日野富子】

1440~1496) 足利義政の夫人。日野政光の女むすめ。実子義尚を将軍に立てるため、山名宗全を頼んで養子義視と争い応仁の乱の一因をつくった。高利貸し・米相場・賄賂わいろ・関所設置によって蓄財をはかるなど、積極的な活動家であった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野富子
ひのとみこ
(1440―1496)

室町幕府8代将軍足利義政(あしかがよしまさ)の室。日野重政(しげまさ)(政光(まさみつ)改め)の女(むすめ)。9代将軍義尚(よしひさ)の母。1455年(康正1)16歳で義政に嫁し2女を生んだが、男子を得られなかったので、義政は64年(寛正5)弟の浄土寺義尋(ぎじん)を還俗(げんぞく)させ義視(よしみ)と名のらせ後嗣(こうし)と決めた。ところが翌65年に富子は義尚を生み、彼を将軍継嗣にたてようとして兄の勝光(かつみつ)や伊勢貞親(いせさだちか)と結んで義視排斥を画策し、義視を支持する細川勝元(かつもと)と鋭く対立した。66年(文正1)伊勢貞親が義視排斥に失敗し近江(おうみ)(滋賀県)に去ったため、有力な支持者を失った日野兄妹は山名宗全(やまなそうぜん)に義尚の後見を頼むに至り、細川勝元と山名宗全の勢力争いに拍車をかけ、応仁(おうにん)の乱(1467~77)を引き起こす引き金となった。うち続く戦乱のなかで家督相続者となった義尚が73年(文明5)9歳で元服し将軍になると、富子は幕政に深く介入するようになり、ことに兄勝光の死後は権勢を一手に握り、彼女のもとに祝い物を届ける人々の列が1~2町にも及んだという。夫義政が現実政治から逃避し東山(ひがしやま)山荘で隠遁(いんとん)生活を送ったのとは対照的に、関所設置による課税や米の投機的売買、高利貸活動などによって利殖に努め、その富を背景に専横を極め、天下の料足(りょうそく)(貨幣)はみな富子のもとに集まるとさえいわれるほどであった。1478年に幕府は内裏(だいり)修理料の名目で京都七口(ななくち)関を置き関銭を徴収した。これはすべて富子の着服するところであったが、これらの関は80年の土一揆(つちいっき)によりことごとく破られる。義政との疎遠に加え83年には子義尚とも不和になり、以後富子は急速に権勢を失う。89年(延徳1)義尚が近江の六角(ろっかく)討伐の陣中で病いに倒れ、25歳で世を去り、翌年には義政とも死に別れ、尼となった富子の晩年は室町幕府の衰退とともにあった。将軍には義視の子義材(よしき)(のち義稙(よしたね))が就いたが、実権は細川政元(まさもと)の掌握するところとなり、富子も政元の支持によって勢力を保っていたにすぎない。明応(めいおう)5年5月20日、57歳で没した。妙善院と号す。京都の宝鏡寺に富子の木像がある。[酒井紀美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日野富子の言及

【今参】より

…1451年(宝徳3)尾張国守護代を更迭せんとし,義政の生母裏松重子と対立する。59年義政夫人日野富子が男子を死産するが,今参の富子呪詛の事実が露顕,近江国沖ノ島配流の途中自殺した。【鳥居 和之】。…

【応仁・文明の乱】より

…将軍足利義政は,最初男子に恵まれなかったために,64年(寛正5)に弟の浄土寺門跡義尋を還俗させ,義視と名のらせて正式に義政の後継者とした。ところが,その翌年に正妻日野富子との間に,男子の出生を見た。のちの義尚である。…

【京都七口関】より

…80年9月には七口の関所存置が誘因となって山城土一揆が再発,連日酒屋土倉を襲い,10月には実力で七口の関所を打ち破った。このときの関所設立目的は将軍足利義政夫人日野富子の収益のためであった(《大乗院寺社雑事記》)。その後81年,85年,1509年(永正6)と3回にわたって新関を設けるが,その廃止をめぐってしばしば血なまぐさい一揆が起こり,一時的には廃止に成功してもまもなく旧に戻るのが通例であった。…

【日野家】より

…藤原氏北家の流れ。右大臣内麻呂の息男真夏から出て,その孫家宗が山城国宇治郡日野の地に法界寺を創建し,家宗の5世の孫藤原資業(すけなり)が法界寺の薬師堂を建立し,それより日野氏を称した。公家としての家格は弁官を経て中・大納言に至る名家で,代々儒道および歌道をもって朝廷に仕えた。南北朝時代には俊光,資名,資朝が活躍し,室町時代には時光の女業子と孫女康子(北山院)が将軍足利義満の室となってから,9代義尚まで日野家の女が将軍の室となったために勢力を張り,時光の子資康および資康の子重光は従一位権大納言に進んだ。…

※「日野富子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日野富子の関連キーワード秋庭元重大館氏室町殿六角征伐安養院飯尾元連一対局大館佐子大館尚氏曾我尚祐

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日野富子の関連情報