コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小夜福子 さよふくこ

2件 の用語解説(小夜福子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小夜福子
さよふくこ

[生]1909.3.5. 静岡
[没]1989.12.29. 東京
女優。本名東郷冨士子。 1922年宝塚音楽歌劇学校入学。子役,娘役も多いが,堀正旗作『青春』 (1934) のヘルマンなど,男役として葦原邦子と競うスターとなった。演出家東郷静男との結婚を機に,42年『東へ帰る』東京公演を最後にして退団。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小夜福子 さよ-ふくこ

1909-1989 大正-昭和時代の女優。
明治42年3月5日生まれ。大正11年宝塚少女歌劇団月組に入団し,男役でトップスターとなる。昭和16年退団。第2次東宝劇団,民衆芸術劇場(民芸)にはいり,「セールスマンの死」「アンネの日記」などに出演した。映画出演もおおい。平成元年12月29日死去。80歳。静岡県出身。宝塚音楽歌劇学校卒。本名は東郷富見子。旧姓は飯田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小夜福子の言及

【少女歌劇】より

…続いて白井鉄造が洋行,帰国してレビュー作品《パリゼット》(1930)を発表,橘薫,三浦時子のエッチン・タッチンのコンビが人気を集めた。33年に20周年記念作品《花詩集》が生まれ,葦原(あしはら)邦子,桜緋沙子のコンビ,続いて小夜(さよ)福子,奈良美也子らのスターが人気を集めた。この時代が宝塚歌劇の黄金時代であり,〈清く正しく美しく〉をモットーに華やかな貴族趣味の夢を多くの少女ファンに与えた。…

【轟夕起子】より

…本名西山都留子。作曲家の山田耕筰から轟夕起子という芸名をもらい,1932年,宝塚少女歌劇団に入り,娘役として,とくに男役の小夜(さよ)福子とコンビを組んで大成功。都留子の名をもじったトルコの愛称で親しまれ,人気も絶頂に達した37年に,日活に引き抜かれて映画に転向した。…

※「小夜福子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小夜福子の関連キーワード東愛子荒木道子泉清子川田芳子鈴木澄子田中筆子常盤操子花柳はるみ伏見直江二葉かほる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小夜福子の関連情報