コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小夜福子 さよふくこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小夜福子
さよふくこ

[生]1909.3.5. 静岡
[没]1989.12.29. 東京
女優。本名東郷冨士子。 1922年宝塚音楽歌劇学校入学。子役娘役も多いが,堀正旗作『青春』 (1934) のヘルマンなど,男役として葦原邦子と競うスターとなった。演出家東郷静男との結婚を機に,42年『東へ帰る』東京公演を最後にして退団。 51年劇団民芸に入り,武者小路実篤作『その妹』の妹静子で好演した。 A.ミラー作『セールスマンの死』の妻リンダが当り役

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小夜福子 さよ-ふくこ

1909-1989 大正-昭和時代の女優。
明治42年3月5日生まれ。大正11年宝塚少女歌劇団月組に入団し,男役でトップスターとなる。昭和16年退団。第2次東宝劇団,民衆芸術劇場(民芸)にはいり,「セールスマンの死」「アンネの日記」などに出演した。映画出演もおおい。平成元年12月29日死去。80歳。静岡県出身。宝塚音楽歌劇学校卒。本名は東郷富見子。旧姓飯田

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小夜福子の言及

【少女歌劇】より

…続いて白井鉄造が洋行,帰国してレビュー作品《パリゼット》(1930)を発表,橘薫,三浦時子のエッチン・タッチンのコンビが人気を集めた。33年に20周年記念作品《花詩集》が生まれ,葦原(あしはら)邦子,桜緋沙子のコンビ,続いて小夜(さよ)福子,奈良美也子らのスターが人気を集めた。この時代が宝塚歌劇の黄金時代であり,〈清く正しく美しく〉をモットーに華やかな貴族趣味の夢を多くの少女ファンに与えた。…

【轟夕起子】より

…本名西山都留子。作曲家の山田耕筰から轟夕起子という芸名をもらい,1932年,宝塚少女歌劇団に入り,娘役として,とくに男役の小夜(さよ)福子とコンビを組んで大成功。都留子の名をもじったトルコの愛称で親しまれ,人気も絶頂に達した37年に,日活に引き抜かれて映画に転向した。…

※「小夜福子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小夜福子の関連キーワードわれ幻の魚を見たり伊藤 雄之助草笛 美子葦原 邦子天津 乙女外野村 晋有島 一郎根岸 明美藤間 紫昭和時代非行少女石合戦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小夜福子の関連情報