小子部鉏鉤(読み)ちいさこべの さいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小子部鉏鉤 ちいさこべの-さいち

?-672 飛鳥(あすか)時代の武人。
尾張(おわり)(愛知県)国司。壬申(じんしん)の乱の際,2万の兵をひきいて大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)に帰順。功をたてるが,乱後の天武天皇元年8月自殺。功臣の自殺に,天皇はかくされた事情があったのかといぶかったという。氏は少子部ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android