コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮保次郎 こみや やすじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮保次郎 こみや-やすじろう

1838-1900 明治時代の自由民権運動家。
天保(てんぽう)9年生まれ。相模(さがみ)下川入村(神奈川県厚木市)の豪農。明治13年国会開設運動の愛甲郡筆頭総代兼県総代となる。15年天野政立(まさたつ)らと相愛社を創立,幹事をつとめる。同年県会議員に当選,自由党入党。「小宮保次郎日誌」は当時の社会を知る貴重な史料である。明治33年6月24日死去。63歳。本姓は佐野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小宮保次郎の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android