コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山量平 こみやま りょうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山量平 こみやま-りょうへい

1916-2012 昭和後期-平成時代の出版経営者。
大正5年5月12日生まれ。昭和22年理論社を創立し,季刊誌「理論」ほか社会科学書を出版。のち創作児童文学の分野を開拓し,灰谷健次郎,今江祥智(よしとも)らをそだてた。創意と冒険による出版界の再生が持論。平成10年「千曲川 そして、明日の海へ」で路傍の石文学賞特別賞。平成24年4月13日死去。95歳。長野県出身。東京商大(現・一橋大)卒。著作に「子どもの本をつくる」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小宮山量平の関連キーワード西谷 能雄季刊誌

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android