コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山久之助 こやま ひさのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山久之助 こやま-ひさのすけ

1859-1901 明治時代の政治家。
安政6年2月生まれ。生地の信濃(しなの)(長野県)小諸(こもろ)で漢学をまなぶ。上京して仏学塾にはいり,幸徳秋水とともに中江兆民高弟といわれる。中江の「政理叢談」の発刊にくわわり,明治21年中江,幸徳らと「東雲(しののめ)新聞」を発行した。31年衆議院議員(憲政本党)。明治34年10月3日死去。43歳。号は騁斉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山久之助の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android