コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山久之助 こやま ひさのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山久之助 こやま-ひさのすけ

1859-1901 明治時代の政治家。
安政6年2月生まれ。生地の信濃(しなの)(長野県)小諸(こもろ)で漢学をまなぶ。上京して仏学塾にはいり,幸徳秋水とともに中江兆民高弟といわれる。中江の「政理叢談」の発刊にくわわり,明治21年中江,幸徳らと「東雲(しののめ)新聞」を発行した。31年衆議院議員(憲政本党)。明治34年10月3日死去。43歳。号は騁斉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小山久之助の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android