コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山冨士夫 こやま ふじお

2件 の用語解説(小山冨士夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山冨士夫 こやま-ふじお

1900-1975 昭和時代の陶芸家,美術史家。
明治33年3月24日生まれ。昭和5年東洋陶磁研究所にはいる。日本,中国の古窯址(こようし)を調査し,戦後は東京国立博物館,文化財保護委員会につとめた。35年「東洋古陶磁」の刊行や批評活動で芸術選奨。晩年作陶にもどり,48年東洋陶磁学会を設立。昭和50年10月7日死去。75歳。岡山県出身。東京商大(現一橋大)中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小山冨士夫
こやまふじお
(1900―1975)

古陶磁研究家、作陶家。岡山県玉島市(現倉敷市)に生まれる。1923年(大正12)東京商科大学を中退して、陶工の道を選ぶ。しかし、30年(昭和5)に古陶磁研究に転じ、東洋陶磁研究所、文部省文化財保護委員会などで研究に努める。その後ふたたび作陶活動を始め、66年(昭和41)には鎌倉市に二階堂窯を開き、72年には岐阜県土岐(とき)市に花の木窯を築いた。作陶は広く東洋古陶磁を手本としながら、独特の豪放な性格を存分に発揮して、個性豊かな陶磁器を焼造した。[矢部良明]
『『小山冨士夫著作集』全3巻(1977~79・朝日新聞社) ▽里文出版編・刊『小山冨士夫の世界』(1981)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小山冨士夫の言及

【定窯】より

…中国,宋代の北方窯。1941年,小山冨士夫によって河北省曲陽県の澗磁村と燕山村で窯址が発見された。その後中国の考古学者,陶磁学者によって窯址の発掘調査が行われ,五代より宋,金代にわたり白磁を中心として磁器を焼造していることが明らかになった。…

※「小山冨士夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小山冨士夫の関連キーワード井上治男宇野宗甕伊東陶山(3代)大森光彦加藤景秋叶敏小橋川仁王佐久間藤太郎林景正八木一艸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小山冨士夫の関連情報