コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山田高家 おやまだ たかいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山田高家 おやまだ-たかいえ

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
武蔵(むさし)七党のひとつ秩父氏の一族。建武(けんむ)3=延元元年新田義貞にしたがい播磨(はりま)(兵庫県)白旗城の赤松則村(のりむら)を攻めたが,足利尊氏に攻められ敗走。義貞に自分の馬をあたえてにがし,討ち死にした。通称は太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山田高家の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android