小島丹漾(読み)こじま たんよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島丹漾 こじま-たんよう

1902-1975 昭和時代の日本画家。
明治35年10月3日生まれ。大智勝観(しょうかん),奥村土牛にまなぶ。昭和4年院展で「立秋」が初入選以来出品をつづけ,49年日本美術院同人に推された。故郷新潟を題材に北国の風景をえがいた。昭和50年9月27日死去。72歳。本名は泰吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android