コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川可進 おがわ かしん

2件 の用語解説(小川可進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川可進 おがわ-かしん

1786-1855 江戸時代後期の茶人,医師。
天明6年生まれ。医術を荻野元凱(げんがい)にまなび開業。50歳で煎茶(せんちゃ)に専念,合理的な煎法を工夫し,可進流(小川流)煎茶道をおこした。安政2年5月2日死去。70歳。京都出身。名は弘宣。別号に後楽堂。著作に「喫茶弁」。
【格言など】茶は渇を止むるに非ず,喫するなり。初碗,香を賞し,二碗,味を賞し,三碗,其の茶を賞す(「喫茶弁」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小川可進

没年:安政2.5.2(1855.6.15)
生年:天明6(1786)
江戸後期の煎茶家。医者。煎茶小川流の祖。京都の人。名は弘宣。可進,後楽と号した。はじめ荻野台州に医を学んで家業を継ぎ,一家を立てる。50歳にして突如廃業し,煎茶に専念して小川流を開いた。合理的な煎茶法を工夫した。安政1(1854)年病床で口述したものを橘諸見が筆記し,没後三回忌に板行された『喫茶弁』に,その内容が詳しい。<参考文献>小川後楽『茶の文化史』

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小川可進の言及

【煎茶道】より

…38年一条忠香の召を受け,その庭前で煎茶を献じ,のち〈煎茶家元〉の染筆を下賜された。 これとほぼ同じころ,京都の御典医小川可進(1786‐1855)も,煎茶家として独立し活躍した。名は弘宜。…

※「小川可進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小川可進の関連キーワード飯塚宗与乾在淵小川卜斎渋谷意斎菅沼定志千宗左(9代)千宗室(10代)津田外記古市宗理(初代)山岡伝五郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone