小川吉太郎(3代)(読み)おがわ きちたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川吉太郎(3代) おがわ-きちたろう

1785-1851 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天明5年生まれ。3代中村歌右衛門の門弟で,文化2年に3代小川吉太郎を襲名する。和事師女方をかね,初代と同様に俏方(やつしがた)を得意とした。晩年は花車方(かしやがた)や親仁方(おやじがた)に転じた。嘉永(かえい)4年9月18日死去。67歳。初名は中村元三郎。俳名梅山。屋号は加賀屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android