コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川笙船 おがわしょうせん

3件 の用語解説(小川笙船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小川笙船
おがわしょうせん

[生]寛文12(1672)
[没]宝暦10(1760)
江戸時代中期の医師。享保7 (1722) 年,将軍吉宗の時代に施薬院の建設を上書し,これに基づいて小石川薬園内に養生所がつくられ,笙船がその肝煎 (所長) に命じられた。以後,笙船の子孫が肝煎を世襲した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川笙船 おがわ-しょうせん

1672-1760 江戸時代中期の医師。
寛文12年生まれ。江戸にでて町医として開業。享保(きょうほう)6年建言書を幕府に提出。そのうち貧病人をすくう施薬局設立がみとめられて小石川薬園内に施薬局がつくられ,小石川養生所と名づけられる。子の丹治とともに世話人をつとめた。宝暦10年6月14日死去。89歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は広正。号は雲語。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小川笙船

没年:宝暦10.6.14(1760.7.26)
生年:寛文12(1672)
江戸中期の医者。名は広正,号は雲語。笙船は通称。近江国(滋賀県)の人で,笙船の代に江戸の小石川伝通院前で開業する。享保6(1721)年目安箱を通じて意見書17条を幕府当局に提出。このなかで施薬局を設けて貧病人を救うことが採用され,同7年小石川薬園内に施薬局が開設され「養生所」と名づけられた。養生所は町奉行の支配とし,林良適,岡丈庵,木下道円らの医師を医務に当たらせ,笙船はその長(肝煎)に任命される。息子丹治も世話人役を命じられた。医員は小石川付近在住の寄合医師,小普請医師,御番医師,町医などから任命され,初めは本道(内科),外科,眼科など89名がいた。のちには医員の数は大幅に削減されている。笙船はこの間の功により銀20枚と宅地を下賜され,幕府医官に抜擢されようとしたが,老齢を理由に辞退している。<参考文献>紫竹屏山『本朝医人伝』,富士川游『日本医学史』

(蔵方宏昌)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小川笙船の言及

【小石川養生所】より

…日本における官立病院のはじめといえるもの。町医小川笙船(しようせん)(1672‐1760)の建議を徳川吉宗が採り,1722年(享保7)小石川薬園内に施薬局を設け,低所得の病人,看護する人がいない者などを収容し,これを養生所と称した(長崎にできた養生所と区別するため小石川養生所ともいう)。町奉行が管理し,与力・同心を属せしめ,小川笙船,林良適らの医師が出役し,本道(内科),外科,眼科があった。…

※「小川笙船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小川笙船の関連キーワード井上布門小野古風山脇元沖狩野令信児玉良悦釈祐照手医者金玉医者工夫の医者加藤広正

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone