コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施薬院 せやくいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

施薬院
せやくいん

奈良,平安時代貧窮の病人に施薬施療をし,飢餓の迫った者を養ったところ。聖徳太子四天王寺建立に際し施薬院をおいたと伝えられるが,制度として整ったのは天平2 (730) 年4月光明皇后によって設けられてからである。藤原氏が別当となり,費用をまかなった。長官 (かみ) である施薬院使には医道の丹波氏が代々補せられ,使の下に判官 (じょう) ,主典 (さかん) ,医師,史生などがおかれた。平安時代初期までは大いに社会的意義があったが,次第に衰え,鎌倉時代に僧忍性が極楽寺に,戦国時代に豊臣秀吉が京都に,これを再興したと伝わるにとどまる。江戸時代になって享保7 (1722) 年 12月,幕府が新たに江戸小石川に養生所を設けて窮民に治療を施している。 (→小石川養生所 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せやく‐いん〔‐ヰン〕【施薬院】

貧しい病人に薬を与え治療をした施設。養老7年(723)興福寺悲田院とともに創設されたという。のち、病人・捨て子などをも収容した。中世に衰亡するが、豊臣秀吉が再興。やくいん。
江戸時代、特に江戸の小石川養生所異称

やく‐いん〔‐ヰン〕【施薬院】

せやくいん(施薬院)」に同じ。
[補説]古くは「施」の字を省いて読んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

施薬院【せやくいん】

飢え病む者に給食し施療する施設。〈やくいん〉とも。723年興福寺に設置され,730年には光明(こうみょう)皇后が設置。825年職制が定まり,のち長官の施薬院使に代々丹波(たんば)氏が任ぜられた。
→関連項目悲田院

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せやくいん【施薬院】

〈施〉を略して〈薬院(やくいん)〉ともいう。仏教伝来にともない,その慈悲の教義から,私的にあるいは国の予算で設けられた貧民の生活医療保護施設の一つ。薬草を栽培したり,薬を蓄えて貧病者に施与するのを主目的とした。593年,聖徳太子が難波の四天王寺を建立したとき,その付設四箇院の一つとして設けたと伝えられるが確かではなく,723年(養老7)奈良興福寺に建てたのが最初とされる。730年(天平2)4月には光明皇后が皇后宮職に施薬院を設けている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せやくいん【施薬院】

貧窮の病人に施薬・施療する施設。聖徳太子に始まるというが、730年光明皇后が設置して以後、制度的に整った。平安末期に形骸化。やくいん。
江戸時代、八代将軍吉宗が貧民治療のため設置した小石川養生所の別名。

やくいん【施薬院】

施薬院せやくいん 」に同じ。 〔古く「施」を省き「やくいん」と呼ぶのが常であった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の施薬院の言及

【慈善事業】より

社会福祉【古川 孝順】
〔慈善事業の歴史〕

【日本】

[古代]
 古代における慈善事業を概観すると,まず僧尼・皇族・貴族・地方官吏・豪族など個人による慈善救済活動がある。この面では,聖徳太子の四天王寺の施薬院など四院の設置ほかの事績が想起されるが,伝説的要素が強く確かなことは不明である。その点,詳細な史料の残る奈良時代の僧行基の活動は質量ともに特筆でき,後世の慈善事業に与えた影響も大きい。…

【悲田院】より

…奈良・平安時代に,身寄りのない貧窮の病人や孤児などを収容した公設の救護施設。723年(養老7)奈良の興福寺に施薬院(せやくいん)とともに設けられたのが初見で,その後諸大寺にも設けられ,730年(天平2)光明皇后によって皇后職に悲田,施薬の両院制が公設され,奈良・平安時代を通じ救療施設の中心となった。仏教の博愛慈恵の思想にもとづいてはいるが,唐の開元の制度に倣った施設で,悲田院の名称も唐制の踏襲である。…

【施薬院全宗】より

…幼時父を失い僧籍に入り,比叡山薬樹院住持となったが,織田信長の比叡山焼打ちに続き豊臣秀吉にもその意図があると聞き,叡山を守るため還俗して曲直瀬道三の門に入り医学を修め秀吉の侍医となり,叡山の弁護に当たったという。秀吉の天下統一後,大飢饉と疫病流行にみまわれた1585年(天正13),廃絶の公的施薬院の復活を願い出て許され,復活した。施薬院使に補せられた全宗は,百日施薬すること2回に及び救療活動を再開し,天正年間,後陽成天皇の命により医薬を献じて正四位法印に叙せられ昇殿を許された。…

※「施薬院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

施薬院の関連キーワード施薬院(やくいん)板坂卜斎(2代)施薬院宗伯施薬院秀隆施薬院全宗ラニング小川笙船和気常成丹波親康丹波兼康和気嗣成吉田宗活和気明重和気長成和気重基刑部武並和気頼季丹波雅忠和気長世丹波全宗

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android