コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川鼎三 おがわ ていぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川鼎三 おがわ-ていぞう

1901-1984 昭和時代の解剖学者,医史学者。
明治34年4月14日生まれ。東北大助教授をへて母校東京帝大の助教授,昭和19年教授。のち順天堂大教授。脳の比較解剖学的研究や医学史研究で知られた。26年学士院賞。昭和59年4月29日死去。83歳。大分県出身。旧姓は井坂。著作に「脳の解剖学」「鯨の話」「医学の歴史」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小川鼎三の関連キーワードヒポクラテスの誓い前立腺の名の由来オガワコマッコウ長与専斎スクリバ田口和美昭和時代松本順

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android