コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡日浄 おばた にちじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡日浄 おばた-にちじょう

1479-1540 戦国時代の武将。
文明11年生まれ。小幡虎盛の父。遠江(とおとうみ)(静岡県)勝間田から甲斐(かい)(山梨県)にうつり,武田信縄(のぶつな)・信虎につかえる。のち信虎の長男武田信玄の守役をつとめ,父に疎外された信玄をまもった。天文(てんぶん)9年1月21日死去。62歳。名は盛次。通称は上総入道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小幡日浄の関連キーワードクロムウェルチェリーニイサベル(1世)後法興院記フェルナンド(5世)トレバー=ローパー産業革命フマーユーンフロリスカタルーニャ自治州

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android